2022.7.30

『オニ文化コラム』Vol,87

 
山崎 敬子
コラムニスト
玉川大学芸術学部講師

 
鬼が太鼓を叩く…そんな芸能が石川県輪島の「御陣乗太鼓」です。
御陣乗太鼓は鬼気迫る面をつけ、太鼓を乱れ打ちます。戦国時代の天正5年(1577)、この地に攻め込んだ上杉謙信勢を村人達が鬼面や海草を付け陣太鼓を鳴らして驚かせ追い払った伝承を由来とする芸能です。上杉勢に攻め込まれた地域側は、武器らしいものがない村人達ばかり。鍬や鎌まで持ち出して上杉勢を迎撃する準備を進めますが、あまりにも無力。郷土を護りたい村人達は、村の古老の指図に従い、樹の皮で仮面を作り、海藻を頭髪とし、太鼓を打ち鳴らしながら寝静まる上杉勢に夜襲をかけました。上杉勢は思いもよらぬ陣太鼓と奇怪きわまる怪物の夜襲に驚愕し、戦わずして退散したそうです。これを見た村人達は、名舟沖にある舳倉島の奥津姫神の御神徳によるものと考え、毎年奥津姫神社の大祭(名舟大祭・7月31日夜から8月1日)に仮面をつけて太鼓を打ち鳴らしながら神輿渡御の先駆をつとめ、氏神への感謝を捧げる習わしとなったのだそうです。
 
退治される鬼ではなく、地域を護ってくれた鬼ですね。
 
似た逸話と風貌で太鼓を持つ芸能が愛媛県にも。同県上浮穴郡久万高原町菅生の三島神社で行われる久万山五神太鼓です。
 
これは戦国時代の武勇伝を基に住民が創作したもの。戦国時代、伊予・土佐両国の国境(現久万郷)に拠点を構えていた久万山大除城主大野直昌が土佐方に包囲され滅亡の危機に陥った時、神のご加護を得ようと守護神・ダイバの仮面を小姓衆に付けさせ、太鼓・樽を一斉に打ち鳴らし神に奉じたところ夕立が。この機に乗じて久万山方は土佐方の間隙をつき一気に打ち出し窮地を脱したそう。直昌公は氏神に対する感謝の想いから、魔除先達の神としてダイバの仮面をつけ太鼓を打ち鳴らし、久万山五神の神々に感謝を捧げたと伝わっています。この伝承にヒントを得た芸能です。毎年7月下旬の三島神社夏まつりに境内特設舞台で太鼓の競演があり、今年は7月23日に3年ぶりに行われました。
 
ダイバの仮面はやや怖く、その仮面をつけて太鼓を叩く姿は石川の御陣乗太鼓と似ています。鬼と神という違いはありますが、どちらも地域を護った存在である点は同じですね。
 

山崎 敬子 / Yamazaki keiko

玉川大学 芸術学部講師
早稲田大学メディア文化研究所 招聘研究員
小田原のまちづくり会社「合同会社まち元気小田原」業務推進課長


民俗芸能しいては日本文化の活性を目指し中心市街地活性化事業に取り組んでいる。
元広告業界専門新聞編集長であったことから日本ペンクラブに所属。
現在、広報委員・獄中作家委員などに名を連ね活動している。
(社)鬼ごっこ協会会報などでコラムを担当
所属学会:民俗芸能学会・藝能学会・日本民俗芸能協会ほか